前へ
次へ

iphone修理に伴うバックアップの方法

iphoneを使用していると、落下したりして故障することもあるでしょう。
その場合はiphone修理を行うことになりますが、iphone修理をAppleなどの正規プロバイダーに依頼する際はデータが消えますので、事前にバックアップする必要があります。
iphone修理に伴うバックアップは、iCloudとiTunesでの2つの方法がありますので、都合のよい方法を選びましょう。
その際は、それぞれのバックアップ方法に関する注意点の確認も忘れないでください。

まず1つ目のiCloudを使用してバックアップする方法です。
iphone修理でiCloudを利用する際は、「設定」の「iCloud バックアップ」ボタンを押してバックアップを実行してください。
このようにiCloudによるバックアップは簡単にできるのが特徴であり、さらに自動的にバックアップするような設定もできます。
ただ、データの容量が十分でないと、バックアップが実行されなくなりますので注意が必要です。
ちなみにiCloudの場合、初期容量として5Gを無料でもらえます。
ですので、iphone修理に伴うバックアップを行う際に、それ以上のデータ量がある方は、有料プランにアップグレードした後にバックアップを行うか、あるいは他の方法である以下のiTunesを利用してバックアップすることをおすすめします。
iphone修理に伴うバックアップ方法、次はiTunesです。
iphone修理する前にiTunesを使ってバックアップする方は、パソコンにスマートフォンを接続して行います。
その際、パソコンのハードディスク容量に十分な余裕があれば、スマートフォン内のデータが多くてもバックアップは可能です。
また、バックアップできる対象も、iCloudよりもiTunesの方が広いので、スマートフォン内のデータ量が多い方はこちらのiTunesのほうがいいかもしれません。
以上のように、iphone修理に伴う端末内のバックアップの方法としては、iTunesとiCloudを使用したものがありますので、利便性の高い方法を利用することをおすすめします。
なお、修理をする・しないに関係なく、基本的に日頃からバックアップをしておくことも大切です。

Page Top