前へ
次へ

iphone修理で非正規修理店を利用するメリット

iPhoneを正規修理店に出し修理をお任せするケースでは、絶対と言える程データのバックアップを行わないとなりません。
正規修理店においても、バックアップを行なってくれることはありますが、多くの場合は有料になっています。
正規修理店においてはデータを初期化した状況でiphone修理を実施しますので、データを消したく無いなら、あらかじめバックアップが欠かせないことを意味します。
これに対し、非正規修理店はバックアップすることなしにiphone修理に出せますので、ユーザーとしては手間を掛けずに済ませることが可能です。
データを守り初期化しないでiphone修理を実施するところがアドバンテージの一つです。

画面系が異常を来たしていた場合にバックアップに取り組むことができないため、画面系のiphone修理を委託するケースでは非正規修理店の方が適切だったりします。
また、iphone修理の代金がリーズナブルなのが好ましい点です。
iPhoneの正規修理店と比較すると格段に非正規修理店の方が代金がお得になります。
その原因として前者は本体をそのまま交換することが少なくないのに対して、後者は壊れているパーツを交換するiphone修理のためです。
本体交換と比較して壊れているパーツだけを取り換えたほうがまだ安いということになります。
AppleCare+に入っていなかっても修理代金がリーズナブルになるのが非正規修理店のアドバンテージの一つになります。
非正規修理店でしたらApple社よりパーツが入らないのは間違いありませんが、Apple社が既に契約しているパーツの製造メーカーや仕入れ専門会社からパーツなどを購入するため、正規修理店と同じ程度のパーツが得られます。
非正規修理店とは言うもののパーツのクオリティーが良くないということはありませんので、気掛かりなく修理に出せます。
実際に多くの方が有効に活用しています。

Page Top